いのちの姿 宮本輝

miyz.jpg


「なにがどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」
その父の言葉に、いつも励まされて生きてきた。

今まで語られることの無かった異父兄との邂逅を描く「兄」。
シルクロードへの旅にまつわる回想「星雲」。
小説『優駿』執筆当時の不思議な経験を描く「殺し馬券」。
ある老人の死に黙考する「消滅せず」など、
命の力を信じ、生の深遠を見つめる14篇のエッセイ集。

80年代に出版された『二十歳の火影』、『命の器』などの名随筆の系譜を継ぎ、満を持して書かれたエッセイ集
スポンサーサイト

コメント

Secret