天に星 地に花

ten.jpg



天に星 地に花
帚木 蓬生/著



久留米藩領井上村。大庄屋高松家の総領・甚八と弟の庄十郎は父に連れられ、数千 と集まる百姓たちの姿を目の当たりにする。
突然下った年貢の増徴と夫役。百姓た ちの怒りに火がついたのだ。
天地を揺るがすような一揆寸前、稲次因幡家老が百姓 救済を申し出て、一揆は回避されるが――。
時が経ち、甚八は家督を継ぎ、庄十郎 は自らの病をきっかけに医師の道を志す。
黄金色に輝く稲穂、田植え唄、雨乞い、火祭。
スポンサーサイト

コメント

Secret