狂書伝

kyo.jpg


狂書伝
勝山海百合/著


書は、必ずしも人ならず。筆は、時として人を狂わす――。時は明代の中国。揚子江流れる豊かなまちに稀代の名筆家と謳われる男がいた。この男陳遷は、しかしながら権勢家にして行いは残虐非道。人々を恐怖と憤怒に陥れていた。彼を懲らし同時に世を正すべく暗躍する、仙術を使う異能の女・斑娘。その運命を握るのは一通の手紙……書の魔力に取り憑かれた人々の狂奔を描く
スポンサーサイト

コメント

Secret