王朝小遊記

ous.jpg



王朝小遊記
諸田 玲子/著


ときは万寿二年(1025年)、平安時代の爛熟期。物売女、没落貴族、主をうしなった女房、貴族の不良少年、太宰府がえりの元勇将は腐った世をはかなんでいます。ひょんな縁で時の実力者・藤原実資の邸宅・小野宮第に集まった彼らは人喰い鬼よりも怖い敵に力を合わせて対峙することに――。ベテランの筆がさえる軽快かつ哀切な平安朝小説の誕生
スポンサーサイト

コメント

Secret