『枕草子』の歴史学

haiu.jpg



『枕草子』の歴史学
春は曙の謎を解く 
五味 文彦/著

『枕草子』はなぜ「春は曙」「夏は夕暮れ」から始まる?
通説の登場人物比定が間違っていた!
清少納言と道長との関係……。

研究し尽くされたはずの『枕草子』から新たに見えてきた
清少納言の感性、姿、人間関係。
時代の制約を受けず、自然の背景に人間を見、
人間の営みから自然を感じていた清少納言。
現代にも通じるこの日本人の感覚は、
まさにこの時代にはぐくまれ、継承されてきたのだ。
さて「春は曙」はどういう情景を描いたものか、著者からの驚きの推論とは?

スポンサーサイト

コメント

Secret