ホーキング、自らを語る

h_201405181739509a9.jpg




ホーキング、自らを語る
スティーヴン・ホーキング/著


知の巨人は、なぜ宇宙をめざしたのか?
宇宙物理学者ホーキングが、初めて自身の言葉で綴った自伝です。
21歳でALSを発症。もう長くはないと一度は絶望した彼は、
進行する病と闘いながら、どのようにして自分の道を見つけたのか?
オックスフォード大学在学中に身体に異変を感じ、
ケンブリッジの大学院で、研究に意欲を燃やし始めた矢先、
不治の病に冒されていることを知ったホーキング青年。
そのときの彼は、「ワーグナーに耽溺し、酒浸りになった」と
これまでたくさんの書物に描かれてきましたが、さて真実は
スポンサーサイト

コメント

Secret