紫の結び 3

g3.jpg


紫の結び 3
源氏物語  〔紫式部/著〕

女三の宮の降嫁により、紫の上は源氏との愛にも世の中にも諦念を持つようになりました。そして、ひとつの密通事件が物語の様相を変えていきます。不義の子を抱きながら、源氏は晩年になって巡ってきた宿命を思うのでした。源氏の晩年までを全三巻で。完結。




スポンサーサイト

コメント

Secret