スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南冥の雫

d_20140131171750f14.jpg



南冥の雫
満州国演義 8
船戸 与一/著




追ってくるのは宿命か、自らの犯した罪の報いか――完結へのカウントダウン。昭和十七年。南方作戦の勝利に沸く満州に、米軍による本土襲撃の一報がもたらされる。次々と反撃の牙をく大国、真実を隠蔽する大本営、無意味な派閥争いに夢中の司令官たち……敗戦の予感に人々が恐慌するなか、敷島次郎はあえて死が約束された地インパールへと向かう――唯一無二の満州クロニクル


スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。