大江戸恐竜伝 第3巻

b_201401161659597e4.jpg



大江戸恐竜伝 第3巻
夢枕 獏/著

向かうべき「ニルヤカナヤ」が黄金の島であることを知った平賀源内。三国船「ゑれき丸」を完成させた源内は、杉田玄白、伊奈吉らと、一刻も早くニルヤカナヤに辿り着こうと、江戸を発つ。立ち寄った琉球で、源内は、自称江戸学者の牧志朝典という男に出会う。
その男の案内で、秘密の祭りを覗き見た源内。そこで目蓋(まぶた)のない神女(ノロ)から、古の言い伝えを聞くことになる。
なぜ、神女は目蓋がないのか? 遭難した船から唯ひとり生還した水夫がなぜ、目蓋を切り取られていたのか? 遙か昔、ニルヤカナヤに渡って龍の掌を持ち帰ったという有野作之進とは? 徐市石(じょふついし)とは? そして、その石に刻まれた絵の意味するところは?
深まるばかりの謎を抱えて源内たちは、ニルヤカナヤを目指すのだが、「ゑれき丸」は、大嵐に逢ってしまう・・・。
いよいよ核心の島へと迫る
スポンサーサイト

コメント

Secret