大江戸恐竜伝  2

iuk.jpg



大江戸恐竜伝 2
夢枕 獏/著

龍に導かれ運命が絡み合う、怒濤の第二巻!

長崎で出土した龍骨に遭遇し、大坂で龍の掌として祀られる不可思議な化石を見た平賀源内は、否応なく奇妙な事件の渦中に入り込んでいった。その昔、龍の掌を龍宮から持ち帰ったという男が残した絵文字の書き付け。源内が解読すると、そこに書かれていたのは、驚くべき豊臣の秘事と黄金の島の存在だった!
そして、舞台は江戸へ--。
江戸に戻った源内は、ゑれきてるを復元したり、浄瑠璃を書いたり、鉱山発掘等、さまざまなことに手を染めては、思うように行かない自分の身を嘆き、窮屈なこの国を憂えていた。
そんな源内に、思いもかけない依頼が舞い込む--。
龍の掌に引き寄せられ、暗躍する盗賊・火鼠の一味、和蘭陀国(オランダ)、そして平賀源内の野望が渦巻く
スポンサーサイト

コメント

Secret