マリア・テレジア

dい


マリア・テレジア
ハプスブルク唯一の「女帝」 
江村 洋/著


生きた、愛した、戦った―。プロイセンをはじめ、ハプスブルクを狙う周辺国から女手ひとつで帝国を守り抜き、自らも十六人の子をなした、まさに国母。波乱のなかでも、常に慈愛に満ちた行動を忘れなかった、「テレーゼ」の美しき生涯を描く
スポンサーサイト

コメント

Secret