徳の政治

yhv[



徳の政治
小説フランス革命 11
佐藤 賢一/著


サン・ジュストら腹心を抱えたロベスピエールの独裁色はますます強まり、対抗する大物政治家のエベールやダントンも断頭台に送られる。
そんな中、ロベスピエールの秘めた恋の行方は?
スポンサーサイト

コメント

Secret