信長の二十四時間

nnn.jpg


信長の二十四時間
富樫 倫太郎/著

天下統一を目前にした織田信長は、統一後の新たな国家像を描いていた。葬り去られることを知った朝廷や家臣たちは戦々恐々となる。一方信長によって虐殺された伊賀者たちの残党は、激しい復讐の炎を燃やしていた…。複雑に絡み合うそれぞれの思惑と動き、権謀や策略、そのすべてが運命の一日・天正十年六月二日に向けてなだれ込んでゆく。息もつかせぬ怒涛の展開、そして衝撃の結末。信長を討つのは誰だ!

天下統一を目前にした織田信長は、統一後の新たな国家像を描いていた。それは、これまでの体制を覆す信じ難いものであった。葬り去られることを知った朝廷や家臣たちは戦々恐々となる。一方信長によって虐殺された伊賀者たちの残党は、激しい復讐の炎を燃やしていた。明智光秀、羽柴秀吉、黒田官兵衛、里村紹巴、織田信忠、そして朝廷も…誰もが信長を亡きものとする動機があり、誰もが信長に恐怖していた。複雑に絡み合うそれぞれの思惑と動き、リアルタイムで展開する権謀や策略。そのすべてが運命の一日、天正十年六月二日に向けてなだれ込んでゆく。
スポンサーサイト

コメント

Secret