リボン 小川糸 (著)

リボン 小川糸



リボン 小川糸 (著)


ある日、なかよしのおばあさんと少女が小さな鳥の卵を見つけ、ふたりで大切にあたためはじめる。
少女のてのひらの上で生まれたのは、一羽のオカメインコ。
黄色い小鳥は、羽ばたきとともに人々をやさしく結びつけていくのだった


スポンサーサイト

コメント

Secret