自分を愛する力 乙武 洋匡

自分を愛する力 乙武 洋匡




自分を愛する力 乙武 洋匡


なぜ僕は、生まれつき手足
がないという障害を受けいれ、苦しむことなく、かつ明るく生きてくることができたのか――。乙武さんがたどりついたのが「自己肯定感」という言葉。「自分は大切な存在だ」と思う、この「自分を愛する力」について、息子として両親の愛に満ちた子育てを振り返り、教師として現代の親子が抱える問題を見つめ、父親として自らの子育てを初めて明かしながら考察していく。『五体不満足』著者による初の新書。



スポンサーサイト

コメント

Secret