けさくしゃ

j_20130505171811.jpg




けさくしゃ
畠中 恵 (著)


戯作仕立てで謎を解くニューヒーロー誕生! 「しゃばけ」著者の新感覚時代ミステリー。お江戸のベストセラー作家の正体は、イケメン旗本だった――!? 暇を持てあますお殿様、高屋彦四郎、通称種彦さんは、腕っぷしは弱いけど、趣味人としてたいそう名高い粋な御仁。ある時、調子に乗って狂歌連で披露したお話が、強欲だけど目利きな版元・山青堂の目にとまり、戯作者デビューしないかとスカウトされちゃって!

版元の山青堂です。超超超目利きな、今で言う編集者です。旗本のお殿様・高屋彦四郎様(通称彦さん)を戯作者にスカウトしたのは、このあたし。最初は渋っていたけど、彦さん、どんどん戯作の虜になっていきました。けど、人の心を強く動かすものには、お上が目をつけるのが世のならい。命をおびやかされるかもしれぬ。しかし、戯作を止められないのだ。なんて、かっこいいこと言ってる場合じゃありませんから、彦さん。はて、この顛末や如何に!?―お江戸の大ベストセラー作家の正体は、イケメン旗本だった!?「

スポンサーサイト

コメント

Secret