ジャコバン派の独裁

l;


ジャコバン派の独裁
小説フランス革命 9 佐藤 賢一/著

ロベスピエールの孤独な暴走が始まる
ルイ十六世の処刑に反応した諸外国との戦争、経済崩壊、ヴァンデの反乱などで、苦境に陥るジロンド派。一方、ロベスピエール率いるジャコバン派は革命裁判所を設置し、公安委員会を発足。勢力を増す。

外国との戦争、反革命の反乱、革命裁判所の設置。ダントンへの嫌疑とマラの逮捕。二大派閥、全面戦争へ。ロベスピエール暴走の萌芽。
スポンサーサイト

コメント

Secret